>国内の動静(一覧表示) >関連項目


日蓮正宗の正しい本尊について教えてください

日蓮正宗の正しい本尊は、「日蓮正宗宗規」第三条に「本宗は、宗祖所顕の本門 戒壇の大漫荼羅を帰命依止の本尊とする」と、明確に定められている「本門戒壇の 大御本尊」です。
  この大御本尊は、宗祖日蓮大聖人が『聖人御難事』に「此の法門申しはじめて今 に二十七年、弘安二年なり。仏は四十余年(中略)余は二十七年なり」(新編1396頁)と仰せのように、御本仏の出世の本懐として顕わされました。
  日興上人の『日興跡条条事』に「日興が身に宛て給わるところの弘安二年の大御 本尊は日目に之れを相伝す」(聖典 519頁)と仰せのように、この大御本尊は、 日興上人、日目上人と唯授一人血脈付法の御歴代上人によって相伝されています。
  日寛上人は「就中、弘安二年の本門戒壇の御本尊は、究竟中の究竟、本懐の中の 本懐なり。既に是れ三大秘法の随一なり」(富要4-221頁)と説かれ、弘安二 年十月十二日に御図顕の本門戒壇の大御本尊は、宗旨の根本となる本尊であると教 示されています。
  代々の御法主上人は、その相伝の権能のうえに本門戒壇の大御本尊の御内証を書 写 され、本宗僧俗に下付されるのです。


日蓮大聖人はなぜ御本尊を顕わされたのですか

日蓮大聖人は、末法のすべての民衆を救済するために御本尊を顕わされました。
  『観心本尊抄』に「一念三千を識らざる者には仏大慈悲を起こし、五字の内に此の 珠を裹み、末代幼稚の頸に懸けさしめたまふ」(新編662頁)と仰せです。
  日蓮大聖人は、末法の時代に出現され、御本仏としての化導のうえから、末法適 時の大法を弘められ、全世界の民衆に即身成仏の大利益を得せしめんがために、 「本門戒壇の大御本尊」を顕わされました。
  日寛上人は、『文底秘沈抄』に「本尊とは所縁の境なり」(聖典833頁)と 示され、妙楽大師の「正境に縁すれば功徳猶お多し、若し正境に非ざれば縦い偽妄 無けれども亦種と成らず」の文を引用して、正境すなわち正しい本尊によってのみ、 一切衆生は成仏できると指南されています。
  『報恩抄』に「日蓮が慈悲曠大ならば南無妙法蓮華経は万年の外未来までもな がるべし、日本国の一切衆生の盲目をひらける功徳あり。無間地獄の道をふさぎぬ 」 (新編1036頁)と仰せのように、御本仏日蓮大聖人の広大な慈悲が御本尊とし て顕わされ、一切衆生の成仏道が開かれたのです。


「人法一箇(にんぽういっか)」とはどういうことですか

「人法一箇」とは、日蓮大聖人の顕わされた大御本尊は、人・法の名称は異って も、その体は同じであるということです。
  「人」とは、人の本尊たる御本仏日蓮大聖人のことであり、「法」とは、法の本 尊たる事の一念三千、南無妙法蓮華経の御本尊です。
  日寛上人は『文底秘沈抄』において、三大秘法の「本門の本尊」を、人・法の二 つに開かれ、人本尊は「久遠元初の自受用報身の再誕、末法下種の主師親、本因妙 の教主、大慈大悲の南無日蓮大聖人」(聖典 八三八頁)であり、法本尊は「事の 一念三千無作本有南無妙法蓮華経の御本尊」(聖典834頁)であると指南され ています。
  この人・法の本尊は、「人即是れ法、自受用身即一念三千なり、法即是れ人、一 念三千即自受用身なり」(聖典843頁)と指南されているように、人法一体の 御本尊なのです。
  『御義口伝』にも「本尊とは法華経の行者の一身の当体なり」(新編1773頁) と仰せられ、この御本尊が大聖人の当体そのものであると教示されています。
  したがって大聖人を離れて南無妙法蓮華経はなく、南無妙法蓮華経を離れて御本仏日蓮大聖人はないのです。


「本門戒壇の大御本尊」とはどういうことですか

“本門の戒壇に御安置すべき御本尊”という意味です。
  宗祖日蓮大聖人が、弘安二年十月十二日に御図顕された出世の本懐たる大御本尊 には「本門戒壇」との脇書きがしたためられています。
  この「戒壇」について、日寛上人は『文底秘沈抄』に、「事」と「義」との戒壇 があるとし、「義の戒壇とは即ち是れ本門の本尊所住の処」(聖典849頁)、 「事の戒壇とは一閻浮提の人、懺悔滅罪の処なり云云」(同頁)と指南されていま す。
  すなわち、「義の戒壇」とは各家庭も含めた本門の本尊安置の所で、その義理が 事の戒壇に相当するということです。そして、その根本となる「事の戒壇」とは、 宗祖日蓮大聖人が、「国主此の法を立てらるれば、富士山に本門寺の戒壇を建立せら るべきなり。時を待つべきのみ。事の戒法と謂ふは是なり」(新編1675頁)と 仰せの、御遺命の本門寺の戒壇堂です。この「事の戒壇」に御安置申し上げる大御 本尊でありますから、弘安二年十月十二日に御図顕の御本尊を「本門戒壇の大御本 尊」と申し上げるのです。


「一閻浮提総与の御本尊」とはどういうことですか

「一閻浮提総与の御本尊」とは「一閻浮提(全世界)のすべての人々が信受すべ き御本尊」との意味で、本門戒壇の大御本尊のことを指します。
  『観心本尊抄』に「寿量品の肝心たる妙法蓮華経の五字を以て閻浮の衆生に授与 せしめたまふ」(新編657頁)と仰せのように、御本仏宗祖日蓮大聖人は、末法 万年にわたり、全世界の人々を救済するために、自らが御所持の寿量文底の南無妙 法蓮華経を顕わされました。
  そして、南無妙法蓮華経の法体として、「本門戒壇の大御本尊」を図顕されまし た。
  全世界の人々が真実の平和と幸福を確立するためには本門戒壇の大御本尊を信仰 すべきであり、その戒壇に参詣すべきことを『三大秘法抄』に「三国並に一閻浮提 の人懺悔滅罪の戒法のみならず、大梵天王・帝釈等の来下して踏み給うべき戒壇な り」(新編1595頁)と仰せられています。
  このように、全世界の民衆を救済するために顕わされた大御本尊であり、全世界 の民衆がおしなべて参詣帰依すべき大御本尊という意味から「一閻浮提総与の大御 本尊」と申し上げます。


戒壇の大御本尊と各家庭の御本尊との関係を教えてください

「本門戒壇の大御本尊」は、根本となる究極の御本尊であり、「各家庭の御本尊」 は、御本仏日蓮大聖人より日興上人、日目上人へと、大聖人の御内証の法体を唯授 一人血脈相伝される御歴代上人が、根源たる本門戒壇の大御本尊の御内証を書写 し て下付される御本尊です。
  総本山第五十六世日応上人が『弁惑観心抄』に「此の金口の血脈こそ宗祖の法魂 を写 し、本尊の極意を伝えるものなり、これを真の唯授一人と云ふ」(同書219頁)と指南されているように、代々の御法主上人に伝えられる血脈相承によって、 はじめて本門戒壇の大御本尊の法魂・極意が書写されるのです。したがって血脈相 伝の教えに信順し、本門戒壇の大御本尊を信ずる一念をもって拝むならば、書写 さ れた御本尊もその功徳に変わりはありません。  しかし信仰が戒壇の大御本尊から離れ、血脈相伝の教えから離れるならば、いか に各家庭の御本尊を拝んでも功徳は生じません。かえって罪障を積むことになるの です。


日蓮正宗の「信仰」とは何ですか

総本山大石寺にまします、本門戒壇の大御本尊を根本とし、唯授一人の血脈に従 い、本門の題目を自行化他にわたって行じることです。
  信仰とは、絶対的なものを「信じ仰ぐ」ことです。「何」を対象として信ずるか によって正邪が決まりますが、仏法では三宝を対象とします。
  日蓮正宗の法義では「文底下種の三宝」といって、  
  仏宝―日蓮大聖人  
  法宝―本門戒壇の大御本尊  
  僧宝―日興上人を随一とする御歴代上人
と立てます。
  その当体への「信仰」については、『当流行事抄』に、「我等唱え奉る所の本門 の題目其の体何物ぞや、謂わく、本門の大本尊是れなり、本門の大本尊其の体何物 ぞや、謂わく、蓮祖大聖人是れなり」(聖典954頁)と、人法一箇の御本尊を 信じ、本門の題目を唱えることと明示されています。
  唯授一人血脈相承の御法主上人の御指南に従い、大聖人出世の御本懐である本門 戒壇の大御本尊を、信じ行ずることが日蓮正宗の「信仰」なのです。


「広宣流布」の本当の意味は何ですか

総本山第26世日寛上人は『文底秘沈抄』に「富士山は是れ広宣流布の根源の故に。根源とは何ぞ、謂わく、本門戒壇の本尊是れなり」(聖典855頁)と仰 せです。
  すなわち、全世界の人々が総本山にまします本門戒壇の大御本尊に帰依して、本 門の題目を唱えることを「広宣流布」といいます。
  『諸法実相抄』に「剰へ広宣流布の時は日本一同に南無妙法蓮華経と唱へん事は 大地を的とするなるべし」(新編666頁)と仰せられ、『如説修行抄』には、 広宣流布のときには、自然界も、社会も、そして個人も、平和で安穏な世界になる と説かれております。
  日蓮正宗の仏法を「広宣流布」することが大聖人の御遺命なのです。現在の創価 学会のような、本尊と血脈に迷う人々がどれほど増えても、大聖人の御正意の「広宣流布」ではありません。
  日達上人も「日蓮正宗の教義でないものが一閻浮提に広がっても、それは広宣流 布とは言えないのであります」(達全2-6-295頁)と明確に仰せられてい ます。


「令法久住」と「広宣流布」とはどのような関係にあるのですか

大聖人の仏法を血脈相承によって、末法万年に正しく伝えることが「令法久住」 であり、正法が全世界に弘まることを「広宣流布」といいます。
  『報恩抄』には「日蓮が慈悲広大ならば南無妙法蓮華経は万年の外未来までも ながるべし、日本国の一切衆生の盲目をひらける功徳あり」(新編1036頁)と 仰せです。「令法久住」と「広宣流布」とは「法を正しく久住させる」時間的な縦 の流れと、「広く正しく流布せしめる」地域的、現実的な横の流れという、不離の 関係にあるといえましょう。
  大地から幹が伸びるすがたを「令法久住」、幹から枝が繁るすがたを「広宣流布」 に譬えれば、幹から離れた枝は枯れますが、幹からは再び新しい芽を吹き出します。 その幹こそ血脈相承ですから、歴代の御法主上人を誹謗する創価学会が、いかに 「広宣流布が進んだ」といっても、所詮枯れ枝となるのは明白です。
  本門戒壇の大御本尊と唯授一人の血脈相承の「令法久住」があってこそ、万年に わたる一切衆生成仏の「広宣流布」が成就するのです。


「唯授一人の血脈」と「信心の血脈」とは同じものですか

「唯授一人の血脈」は、日蓮大聖人が大法を余すことなく日興上人お一人に相承 され、さらに日目上人、日道上人以来の御歴代上人を経て、御当代日顕上人へと伝 えられています。
  一方「信心の血脈」とは、この唯授一人の血脈を信順することを前提として、日 蓮正宗の御本尊を無二に信ずるところに流れ通うものであり、「信心の血脈」のみ を切り離して本宗の信仰を語れるものではありません。
  したがって、「唯授一人の 血脈」と「信心の血脈」を同列に考えることは間違いであり、「唯授一人の血脈」 を信ずるうえで御本尊を拝することが大切なのです。 以前に学会が発行した『生死一大事血脈抄』の講義には、「信心の血脈」を解釈 する段で、「もとより血脈には、唯授一人の別しての法体の血脈と、総じての信心 の血脈とがあり、ここで仰せられているのは、総じての信心の血脈であることはいうまでもない」(学講30上-32頁)と述べています。 現在の学会では「信心さえあればよい」と指導しているようですが、「何を、どのように信ずるか」ということが明確でなければなりません。 やみくもに「信心の血脈」だけをふりかざす指導は、「唯授一人の血脈」をない がしろにするものです。