>国内の動静(一覧表示) >関連項目

—矛盾のスパイラルにおちいった創価学会—を発刊

 今般、創価学会は会則を改変し、その説明として聖教新聞紙上に「弘安2年の御本尊は受持の対象にはいたしません」と発表しました。

 これは、創価学会の前身である創価教育学会が昭和5(1930)年に設立されて以来、80数年にわたって会員が等しく信仰の対境として尊崇してきた宗祖日蓮大聖人弘安二年十月十二日所顕の本門戒壇の大御本尊を放棄することを意味します。

 信仰の世界において、礼拝の対象となる本尊は最も重視されなければなりません。

 今回、創価学会が行った本尊義の改変は、教団の存立基盤を揺るがし、80数年の歴史を覆す大事件です。

 日蓮大聖人を御本仏と立てながら、大聖人出世の本懐たる大御本尊を放棄するという致命的な過ちを犯した創価学会は、それを繕うため、いくつかの異説を唱えざるをえない状態に至りました。

 まさしく創価学会は、はてしない矛盾のスパイラル(らせん状の進行)におちいったと言えましょう。

 本書は、創価学会首脳部に誑惑される学会員を目覚めさせるため、会則を改変したことに伴う創価学会の本尊義と、それを言い繕うための邪説を破折するものです。

 本書によって、迷える学会員が一人でも多く、本門戒壇の大御本尊まします富士大石寺の正法に帰依することを祈ってやみません。

(本書「はじめに」より)
【本書の概要】

 

第一章 「大御本尊は受持の対象にはしない」との邪義を破す

第二章 大御本尊放棄を言い繕うための邪説を破す

第三章 「大石寺は謗法の地」との妄言を破す

第四章 会則改変の経緯

Q&A 創価学会員の言い分に答える

付録1 創価学会の大御本尊放棄に対する破折の文証集

付録2 創価学会会則(抜粋)

付録3 会則改変に関する原田会長の説明(抜粋)

付録4 創価学会問題の略年表

 

※ 本書は、大日蓮出版にて取り扱っておりますが、一般書店でも購入することができます。